「ぶら下がり健康器」を洋服掛けにしないための上手な使い方

2013-02-05

「ぶら下がり健康器」はほんとうに効果があるのか?私の結論は「効果あり!」ということについて、前回『「ぶら下がり健康器」の効果について』で書きました。

ところが、せっかく始めたものの、いつの間にか洋服掛けになってしまったという人が実に多い。(最近では、これを逆手にとってハンガー掛け機能まで付いたものもありますね・笑)そこで今回は、「ぶら下がり健康器」を上手に使いこなす利用法について書いてみます。

どうして続かないのか?

ぶら下がり健康器が続かなくなる理由、それは言うまでもなく「きつい」から。

ネットショップなどで広告写真を見ると、たいてい、きれいなお姉さんがニコニコと笑顔でぶら下がっています。やってみるとわかりますが、こんな笑顔でぶら下がってはいられません。ものの1分もしないうちに、腕は悲鳴を上げ、苦悶に表情が歪むでしょう。(あのお姉さんは恐らく握力70㎏以上あると思われます・笑)

写真ではお姉さんは必ず全身でぶら~んとぶら下がっています。したがって、買った人もみな一様に、全身ぶら下がって使うものと思い込んでいます。これが落とし穴。どこにもそんな決まりはないんですよ。

足を床につけて使ってみよう

そうなんです。全身でぶら下がるから「きつい」のであって、足を床につけて使えばきつくないんです!最近の「ぶら下がり健康器」には高さ調節機能がありますから、これをうまく使いましょう。

  1. 立ったまま両手が楽に届く高さにバーを設定
  2. バーを握ったら、両膝を曲げるだけ
  3. 膝を曲げる角度でぶら下がりの強度を調節

ぶら下がり1

B.のようにすれば自分で強度を調節できるので、腕が疲れません。全身ぶら下がるときほどの強度はありませんが、背骨や筋肉のストレッチ効果は十分あります。

さらにバリエーション

この状態から、ひと工夫加えることで、より一層ストレッチ効果が増します。

両膝を揃えて左右にひねる

両脇のストレッチ感がupします。

ぶら下がり2

片脚を後ろを通して反対側に伸ばす

伸ばす側の骨盤を落とすような意識で行なうと効きます。脇から体側、腹筋・大腿部まで大きくストレッチされます。

ぶら下がり3

これらの方法でも十分なストレッチ感が得られます。特に最後のやり方などは、腹筋から大腿部までしっかり効きますから、全身ぶら下がりよりも効果大といえるでしょう。

広告写真にもぜひこのような使い方を載せてもらいたいですね!

次回は、「ぶら下がり健康器」で果たして身長が伸びるのか?について書いてみます。

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.