「肩が前に入る」と「頭が前に出る」がセットになる理由

2013-09-30

ねこ背の人には、二つの共通点があります。

  1. 両肩が前に入っている
  2. 頭が肩より前に出ている

この二つは常にセットです。今回は、この二つがなぜセットになるのかについて書いてみます。

1.両肩が前に入っている

両方の肩が前に丸まっている状態です。

胸の筋肉は短くなり、肩甲骨は外側に開いています。

立ったときには、両手がズボンの真横ではなく、前ポケットの位置にきています。

maekata1

2.頭が肩より前に出ている

頭の理想的な位置は、「耳の穴が肩の真上にくる」位置です。

ねこ背の人は、耳の穴が肩より前方に位置しています。

首は実際より短く、顔は実際より大きく見え、首こり肩こりも起きやすくなります。

maekata2

実験してみよう

これら二点は、かならずセットです。なぜセットになるのでしょうか。簡単な実験をしてみましょう。(イスに座って行なってください)

  1.  まずは良い姿勢をとります。背すじを伸ばし、左右の肩甲骨を軽く背骨側に引き寄せます。肩の力を抜いて腕を真横に下ろします。後頭部を身長計につけるイメージでアゴを引きます。
  2. 次に肩を丸めます頭の位置は変えずに、両手を組んで太ももの間に入れ、意識的に両肩を前に丸めます。
  3. 最後に頭を前に出します。2.の姿勢から首の力を抜いて、頭をフッと前に出します。

maekata3

「1.→2.→3.」とやってみて、違いがわかりましたか?

2.の姿勢が一番きつかったはずです。

「3.→2.→1.」の順番でも行なってみてください。

2.→1.で楽になるのが実感できるでしょう。

この実験で‘楽’になるもの

2.の姿勢がもっともきつく感じる理由の一つは、首周りの筋肉が緊張することです。

肩を前に出すために胸の筋肉が固くなり、頭を後ろに保つために背中の筋肉が頑張ります。

結果として、首の周囲に力みが生じます。

二つ目の理由は、「呼吸」がきつくなることです。

「2.→3.」も「2.→1.」も、いずれも呼吸が楽になります。

人は、無意識のうちに「呼吸」を確保しようとします。

肩が前に入ると頭が前に出てしまうのは、「呼吸」が楽になるからです。

どうせなら良い姿勢で

呼吸が楽なのだから3.の姿勢でもいいかというと、そうではありません。

前に出る頭を支えるために、首や背中の筋肉は強い緊張を強いられます。この状態が長時間続けば、首肩こりになりますし、寝違えも起こしやすくなります。

さらに、胸の筋肉が短くなっていることで、肋骨の動きが悪くなりますので、呼吸が小さくなってしまいます。

ですから、肩を後ろに引き、頭を肩の真上に乗せる姿勢がもっとも体に良いわけです。

次回は、肩を後ろに引くためのストレッチについて書いてみます。

カテゴリー: 姿勢・体の歪み

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.