根本から治すためには

2013-10-28

「マッサージなどでほぐしてもらっても、そのときだけなんです。もっと根本から治したくて、こちらに来ました」

このようにおっしゃる方がよくあります。

この場合の「根本から」というのは何を意味しているのだろう、と考えます。おそらく、コリをほぐしてもその場しのぎにすぎないから、「骨格」から治してもらおう、ということなのだろうと思います。「骨格矯正」ならカイロプラクティックだ、と。

「骨格」から改善していこうという考え方そのものは、間違いではありません。ただここで一点、注意が必要です。

根本から治すってどういうこと?

それは、率直に申し上げて、当院の施術を受けたとしても「そのときだけだった」となりかねない、ということです。

もっとはっきり言うと、他人任せの人はどこへ行っても「そのときだけだった」と言い続ける、ということです。

「ほかのところはそのときだけだったけど、こちらは違いますよね」というニュアンスに、すでに「他人任せ感」がにじみ出ています。

当院に来て一・二度の施術で驚くほど改善した人もたくさんいます。それらの人たちは、私が指摘したことをきちんと意識し、お教えた体操などをしっかりやってくれた人たちです。

ジャンプ台をうまく利用しよう

施術はジャンプ台にすぎません。良くなる勢いをつけるところです。ここが機械の修理と違うところです。

先日もプリンターが壊れたので修理に出しました。戻ってきたときは、当然、100%までバッチリ直っています。

人の体はこうはいきません。50%の状態を、施術で80%まで回復させても、残りの20%は本人の努力にかかっています。

私ができることは、プロの目で、その人の問題点を見出し、指摘し、施術し、アドバイスすることです。そこから根本的に良くしていくのは本人です。

もう一度言います。「根本から」良くしていくのは本人です。当院はそのパートナー、伴走者のようなものにすぎません。

自分で主体性を持って体を作っていく、そのためのジャンプ台として利用して欲しいと思います。早くジャンプ台が不要になって、自分だけで自己管理できるようになるのがベストです。私は、そのためのお手伝いを、真剣にやっています。

「なんとかしてや」と他人任せで、モミ屋さん的感覚で来る人には、遠慮してもらいたいのです。

カテゴリー: 施術について

コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.