【ウォーキング講座18】甲合わせウォーク

2014-01-08

今回は、当院で「手のひら返しウォーク」(第16回)と並んでウケのいい「甲合わせウォーク」をご紹介します。

甲合わせウォーク

やり方はいたって簡単。

  1. 歩きながら体の前で両手の甲を合わせる
  2. 両腕を後方へ大きく開く

これをリズミカルに繰り返すだけ。

kouawase

甲合わせウォークの効果

やってみると肩甲骨が大きく動くのを実感できます。

「肩甲骨をやわらかく使う」のが美しい歩きのポイントでしたね。

肩甲骨は背中の上半分を占める大きな三角板のような骨です。なぜ大きいのかというと、たくさんの筋肉がくっつく必要があるからです。

なんと15もの筋肉が肩甲骨に付いています

力こぶの「上腕二頭筋」や、肩の丸みを作る「三角筋」、首から背中を覆う「僧帽筋」などが有名ですね。これだけたくさんの筋肉があるおかげで、腕を自由自在にいろんな方向に動かすことができます。

「甲合わせウォーク」では、腕を前後に大きく動かし、なおかつひねりを加えることで、肩甲骨に付いているたくさんの筋肉を動かすことができます。それによって、肩周りの柔軟性を高めることができるわけです。

立ったままでも効果的

この動きは歩かないで立ったままでもできます。朝この動きをくり返すと体がすっきり目覚めます。

簡単で気持ち良い、おすすめエクササイズですよ!

カテゴリー: 健康法

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.