院長流「四股踏み」のやり方

2014-02-06

四股踏みの効果に続いて、四股踏みのやり方について書いてみます。初心者でも簡単にできます。

基本姿勢「腰割り」

まずは基本姿勢を覚えましょう。「腰割り」としてよく知られる姿勢です。

  1. 両脚を肩幅よりやや広めに開き、つま先を軽く外に向けます。このとき膝頭とつま先が同じ方向を向くように注意してください。
  2. 背スジをしっかり伸ばしたまま、ゆっくりと腰を落としていきます。脛骨(スネの骨)が床に対してできるだけ垂直になるようにし、重心は内くるぶしの内側に置きます。
  3. 膝を深く曲げる必要はありません。膝頭がつま先より前に出ないように。股関節で体を受ける感じです。
  4. 1.に戻ります。

siko1

四股踏み

「腰割り」だけでも体幹強化や股関節の柔軟性アップなどの効果があります。さらに「四股踏み」に進みます。

  1. 「腰割り」の1.の姿勢から、左足に重心を乗せていき、右足をスッと左足に寄せます。
  2. 上体をさらに左に倒しながら、右足を上げていきます。左足は足指で床をしっかりつかむようにします。左ひざは自然に伸ばします。
  3. 右足をゆっくり床に下ろします。
  4. 足を下ろしたあと「腰割り」と同様に軽く腰を沈めます。
  5. 1.に戻って反対も同じように行ないます。

siko2

siko3

コツは、

  • 足を高く上げようとしない。(膝の高さで十分)
  • 慣れてきたら2.の姿勢でゆっくりキープ。(お尻の筋肉が鍛えられます)
  • 前かがみにならず背スジを伸ばして行なう。
  • へそ下の「丹田」に重りが入っているような意識を持つ。
  • ゆっくりでいいから一定のリズムで行なう。

といったことです。

女性にもおすすめ

前回も書きましたが、「四股踏み」は女性にもおすすめです。四股踏みをしたから「がに股」になるということはありません。むしろウエストの引き締めやヒップアップに最適です。

「四股踏み」はやればやるほど楽しくなってきます。簡単にできますから、ぜひ日常生活に取り入れてみてください。

ちなみに私のお手本は、横綱・白鵬関です。それも稽古中に見せる連続四股踏み。。こちらの動画が参考になります。ぜひご覧ください。

カテゴリー: 健康法

コメント4件

  • つじ | 2014.06.11 14:21

    興味深い記事をありがとうございます。

    質問なのですが、脚を上げるとき脚は軸足に寄せるのが正しいのでしょうか?

    人によってバラバラ(さらにいえば一方を誤りと言う人もいるので)なので少し気になりました。

    動画では白鳳関は寄せているようですが、たとえば貴乃花関はその場から上げているようです。

    もし上げたときとそうでないときその違い等がありましたらご教示いただければと思います。

  • 院長もりた | 2014.06.11 15:52

    つじ様

    コメント、それも大変有益な質問をありがとうございます。

    結論からいえば、

    1. どちらが正しいとか間違っているとかではなく、好きなやり方で行えばよい
    2. 軸足に寄せる方法のほうが楽にできる

    1.に関して。私たちは力士でもなんでもないのですから、あまり「正しさ」にこだわる必要はないでしょう。たしかに貴乃花や四股についての書籍も多い一ノ矢さんのやり方などは、そのまま上げています。ただ、横綱の土俵入りは「寄せ」てますよね。

    2.に関して。その正しさを「効果」の強弱に求めるとすれば、そのまま上げる方法のほうが負荷が強く、「正しい」ということになろうかと思います。やってみればわかりますが、そのまま上げるほうがキツイですね。

    軸足に寄せてから足を上げると、一度重心が高い位置に移動することになります。これに対し、そのまま上げる方法は、低い重心の位置から徐々に(重心が)上がっていくので負荷は強いです。また前者のほうが、バランスも取りやすいですね。

    私は、白鵬関のような感じで、引き寄せながらリズミカルに行なうのが好きです。ですから、その人その人の好みで行えばよいのではと考えます。

    ちょっとしたことですが、いろいろ考えてみるきっかけになりました。ありがとうございます。

  • つじ | 2014.06.12 11:47

    もりた先生

    大変ご丁寧にありがとうございます。

    本当に参考になりました。思わずなるほどーと独り言を発してしましました(白鵬関の漢字を間違えておりまして失礼いたしました)。

    一般論として改めて思ったのですが、先生のような方にこうしてご説明いただくことは、ありがたい反面、少し怖いとも感じます。なぜなら本来対価を払って得られる知識が無料でラクして得るのが当たり前という感覚が身についてしまうのではと考えたからです。

    それはさておき、ご教示いただきましたことを参考に様々なやり方で四股を踏んでみたいと思います。

    ありがとうございました。

  • 院長もりた | 2014.06.12 12:32

    つじ様

    いえいえどういたしまして。コメントと同じような内容ですが、お陰様でさっそく新しい記事にすることができました。ありがとうございます。

    本来対価を払って得られる知識が無料でラクして得るのが当たり前という感覚が身についてしまうのでは

    とても健全な感覚をお持ちだと思います。私自身は、この程度の情報を出し惜しみするほど引き出しが少ないようではいけないと思って、いろいろ発信するように努めています。

    ネットの世界は玉石混交ですから、利用する側も賢くなければいけませんね。

    四股踏み、ぜひやってみてください!

コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.