バランスボールで体側ストレッチ

2014-03-26

バランスボールというと体幹トレーニングのイメージが強いと思います。しかしトレーニングだけでなく、ストレッチにも大変効果的です。工夫しだいで使用法は無限にあるといっても過言ではありません。この多様性がバランスボールの魅力です。

今日は、当院でもよくご指導させていただいているバランスボールを使った「体側のストレッチ」をご紹介しましょう。

「肩入れストレッチ」

体側を伸ばす前に、腕から脇、胸にかけてを伸ばしましょう。

  1. ボールを正面に置いて両膝を床につきます。
  2. 両手をボールにのせ、肘をしっかり伸ばします。
  3. そのまま上体を両肩の間に落としていき、背中もグーンと伸ばします。

kataire

脇から胸の筋肉がよく伸ばされ、ねこ背になりがちな背中もしっかり反らされるので、とても気持ち良いストレッチです。

「体側ストレッチ」

  1. 今度はボールを左45°の位置まで転がします。
  2. その位置で「肩入れストレッチ」を行ないます。
  3. ある程度上体を落としたら、最後に軽く左手でボールを押し出します。
  4. 逆側も同様に行ないます。

taisoku

体側が脇腹までしっかり伸びるのを実感できるでしょう。最後にひと押しすることで、より強いストレッチ感が得られます。

バランスボールを使ったストレッチは、このようにボールならではのやり方ができるのが利点です。また体側を伸ばすことはねこ背予防や呼吸の改善などにつながり、とても大切です。ぜひ取り入れてみてください。

ちなみに当院で使用しているボールは下のものです。

コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.