ランニングシューズのサイズを見直して痛みなく走ろう(3/3)

2015-04-02

大き過ぎるシューズはどんな問題を引き起こすのでしょうか?今回、特に指摘しておきたいのは2点です。

1.マメの原因になる

ランナーを悩ます足のマメ。マメというと「シューズがキツいからできるもの」と思い込んではいませんか?そうではありません。これも大き過ぎるシューズが原因です。

マメの原因は、「摩擦」です。足とシューズがぴったりとフィットしておらず、摩擦が生じているために、長時間走ることでマメができやすくなります。

「当たって痛いから」といって大き目のシューズを選ぶほど、逆にマメができやすくなってしまう、ということです。

2.トゥオフに余計なロスが生じる

トゥオフとは、足が地面から離れる瞬間のこと。

通常、足は、踵から接地し→足裏全体に体重が乗り→踵が上がって→最後につま先が地面から離れます(トゥオフ)

実際の足長に合ったサイズのシューズを履いていれば、トゥオフと同時にシューズもパッと地面から離れます。

しかし、2cm大きいサイズのシューズを履いているとすれば、どうでしょう。

つま先は離れても、プラス2cmあることで、シューズはまだ地面から離れません。これでは足指の力を地面に伝える走りができなくなり、フォームも乱れます。ひいては故障につながりやすくなるのです。

ookisugiru

まずは正しいサイズのシューズを使ってみよう

「そうは言っても、シューズ買ったばかりだしなぁ」とおっしゃるかもしれませんね。しかし、考えてみてください。

合っていないシューズで故障して、痛みに耐えながら走ったり、病院通いを続けることと、正しいサイズのシューズに変えて快適な環境を整えることと、どちらが「もったいない」ことでしょうか。

正しいサイズを履いて走ってみるとわかるはずです。そしておそらく、以前のシューズが履けなくなるでしょう。それほど「違う」のです。

皆さんには、故障はつきものとあきらめて走るのではなく、ぜひ快適なランニングを楽しんでいただきたいと思います。

蛇足ですが、シューズ選びのためにはショップ選びも大切です。これまで書いたようなアドバイスを丁寧に行なってくれるショップを、根気強く探してみてください。間違っても、「きついなら大き目のシューズを」と安易にすすめるお店を選ばないように。

コメント3件

  • cue | 2015.04.02 23:41

    足と靴について書かれた本がたくさん出版されていますが、結構( ? _ ? ) な内容が

    あります。 しかし、森田先生の靴と足のブログは 内容も

  • cue | 2015.04.02 23:43

    グー で、しかもとても分かりやすいです。

    その理解力と表現力に脱帽です!

     

  • 院長もりた | 2015.04.03 9:36

    cue様

    ありがとうございます。そう大したもんじゃありませんが、できるだけ簡潔にわかりやすくと心掛けています。

    靴に関する本はずいぶん出るようになりましたね。靴と健康の意識が高まっているのは良いことです。

    ただ、内容が「売らんかな」が先にきていたり、読者がすぐに対応しづらいことだったりするきらいがあります。

    そんなに大げさで難しいことではない、というスタンスはcueさんから学んだと思っています。

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.