靴を正しく履くとこんなところでもお得に

2017-03-03

もりたカイロプラクティックでは、「靴の履き方指導」に力を入れています。

ポイントは、

  1. 正しいサイズの靴を
  2. 正しく履くこと

1.そもそもサイズが合っていない人が多いです。
男性で8割、女性でも7割以上の人が、実際の足長よりも大きすぎるサイズを履いています。

2.たとえサイズが合っていたとしても、正しく履けていないことがほとんどです。
(サイズが合っていない人がそうであることは言うまでもありません)
正しく履くとは、「靴の踵を合わせて、つま先側から靴紐をきちんと締めて履く」です。

ここでクイズ

Q.上記2点を改善した結果、ひとりのサッカー部員は“ある物”を買い替えることが格段に少なくなりました。それはいったい何でしょう?

わかりますか?

正解は・・・

「靴下」

です。

彼がずっと使用していたスパイクは、実際の足長より2cmも大きなものでした。
お母さん曰く、「靴下にしょっちゅう穴が開くので、頻繁に買い替えていました」

ところが、サイズを見直し、正しく履くようにしたところ、
「まったく買い替える必要がなくなった!」のです。

なぜそうなったのか?

スパイクのサイズと履き方を正しくしただけで、なぜ靴下が破れなくなったのでしょう。

これは簡単ですね。

大きすぎるスパイクでは、足とスパイクがどうしてもピタッとフィットしません。
足がスパイクの中で微妙に動いてしまいます。
少々動いてもつま先が当たらないようにするためにさらに大きなものを選ぶ、という悪循環に陥ります。

靴の中で足が動けば、当然そこには摩擦が生じますから、靴下の傷みも早いというわけです。

見直すだけでずいぶんお得

長持ちするのは靴下だけではありません。
正しく履くことで、靴そのものも長持ちします。

もちろん、体への負担もまったく変わってきます。
彼のようにスポーツをする人なら、パフォーマンスも格段に良くなってくるでしょう。

サイズと履き方をちょっと見直すだけで、いろいろと“お得”ですね。

カテゴリー: 健康法
Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.