手首が痛い

スポーツや家事、楽器などが原因で生じやすい手首の痛み。「腱鞘炎」と診断される場合も多くあります。もりたカイロプラクティックでは、筋肉のこりであるトリガーポイントにアプローチすることで、改善を図ります。

症状は?

当院で多い訴えは次のようなものです。

手首を曲げると痛い、物を握ると痛い、手首がむくむなど

腱鞘炎とは?

手首に関する筋肉は、肘から先の前腕部に集中しています。これらの筋肉は腱という組織となって手首を通り、手の骨に停まります。腱は腱鞘というカバーで保護されており、筋肉の動きに伴って腱鞘の中を動きます。この際生じる摩擦から炎症が生じて痛みが出るのが「腱鞘炎」です。
特に母指の付け根付近に痛みが出やすく、これを「ドケルバン病」といいます。

要するに、酷使が原因のいわゆる“使い痛み”です。
家事やスポーツ、楽器の演奏、パソコン作業などで、指や手首を酷使する人に好発します。

病院では、湿布や注射による保存療法が主で、難治性の場合には手術も行われますが、当院では筋肉からのアプローチを重視しています。

トリガーポイントからの関連痛もある

「筋肉からのアプローチ」とは、具体的にはトリガーポイントへのアプローチです。
トリガーポイントとは、痛みの原因となっている筋肉の硬結(こり)のことで、離れた箇所にも痛みを飛ばす(関連痛)性質をもつのが特徴です。
※トリガーポイントについて詳しくはこちらをご覧ください→「トリガーポイントについて」

以下に手首の痛みを引き起こす代表的な筋肉をご紹介します。

尺側手根伸筋

肘の外側と手首の小指側を結ぶ筋肉で、おもな関連痛領域は手首の小指側です。

尺側手根伸筋

長撓側手根伸筋

長橈側手根伸筋

肘の外側と手首の母指側を結ぶ筋肉で、おもな関連痛領域は手首の母指側です。

もりたカイロプラクティックでできること

これら以外にも前腕部にはたくさんの筋肉があり、手首の痛みに関連しています。
痛みがあることで、さらに筋肉の緊張が強くなり、トリガーポイントの慢性化につながります。

また、前腕部に限らず、実は肩や背中の筋肉のこわばりも手首の痛みに関係します。

したがって当院では、

  1. 前腕部だけでなく、肩、背中なども含めて筋肉の緊張を緩(ゆる)めていく
  2. 痛みを軽減するために自分でできるストレッチや押圧法をご指導する

といったことを丁寧に行なっていきます。

くり返しますが、痛い箇所だけ診ても効果が上がりません。
肩背部全体から緊張を取り除くことが肝要です。

ご質問等は、「お問合せ」ページから、もしくはお電話にてお寄せください。

ページトップに戻る

「症状別解説」に戻る>

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.