股関節痛

股関節の痛みに対する当院の考え方や施術についてご説明します。

どんな症状?

ひと口に股関節痛といっても、症状はさまざまです。以下のような訴えがよくあります。

脚の付け根が痛い・疼く、脚が上がらない・開かない、お尻が痛い、太ももが痛い、音が鳴る、長時間歩くとしんどくなる、階段の昇り降りが辛い、自動車の乗り降りが辛いなど

これらは、日によって、または時期によって現れ方が違うこともしばしばです。初めは腰痛だけだったのに徐々に脚の付け根が痛くなってきたというような方もよくおられます。

原因はなに?

股関節痛は、大きく次の三つに分けられると、私は考えています。

(1)股関節の捻挫

スポーツなどによる事故・転倒、さらには本人も気づかないほどの生活上での動きの中で、一時的に股関節を損傷してしまったケースです。 関節周囲の靭帯や関節包、筋肉や腱といった「軟部組織」を傷めた状態です。このような軟部組織の損傷を、一般に「捻挫」といいます。このケースは、痛みは強いものの、レントゲン上、骨には異常が認められません。

(2)変形性股関節症

レントゲン上骨に変形が認められるケースで、「変形性股関節症」という診断が下されます。変形の度合によって、初期、進行期、末期などに分けられます。骨盤側の「屋根が浅い」場合には、「臼蓋形成不全」と診断されます。

このケースは、痛みが慢性化していることが多く、関節周囲の軟部組織も硬くなっており、可動域が狭くなっています。そのため、(1)の「股関節の捻挫」も起こしやすくなっています。

(3)筋筋膜性疼痛症候群

トリガーポイントとよばれる筋肉のしこりが引き金となって痛みを生じる症状を、「筋筋膜性疼痛症候群」といいます。「筋肉からくる痛み」と考えていただくとよいでしょう。トリガーポイントはレントゲン等の画像診断ではわかりませんので、この問題はしばしば見落とされがちです。

当院の施術でもっとも重視するのはこの「筋筋膜性疼痛症候群」による股関節痛です。特に殿部や大腿部の痛みは、筋肉からくる場合が多いといえます。

もりたカイロプラクティックのアプローチ

上記(3.)に挙げた「筋肉からくる痛み」に重点的にアプローチします。具体的には、硬くなってしまった股関節周囲の筋肉を手技により丹念にほぐし、関節も無理のない範囲でできるだけ動かします。これにより、血流と可動性が改善します。

特にポイントになる筋肉は、中殿筋、小殿筋、腸腰筋、梨状筋、大腿部の筋肉などです。

歩き方の指導や自宅で行なえる体操法の指導靴の選び方や履き方の指導も行ないます。必要と思われる方には、股関節痛に有効なサポーターもご紹介しています。

(参考)

【股関節痛に関する記事】

 

「症状別解説」に戻る>

 

telno

male2

 

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.