首こり

首こりは、首がつらいだけでなく、頭痛の原因ともなります。悪い姿勢や事故によるムチ打ちが原因で、慢性化することがよくあります。

原因は?

当院でよくある首こりの原因は、次のようなものです。

  1. 悪い姿勢(猫背)
  2. デスクワークによる目の酷使
  3. 追突事故などでのムチ打ちの後遺症
  4. 歯ぎしり、食いしばり
  5. ストレス

1.の「猫背」は言うまでもありません。頭が肩より前方に位置するほど、首の筋肉に大きな負荷がかかり、こってきます。寝転がって首だけもたげてテレビを見たり、ソファの肘掛けを枕代わりにしてうたた寝する癖も危険です。ストレートネックや頚椎ヘルニアになるための習慣と言っても過言ではありません。
最近では、スマホの見過ぎも猫背を強める要因となっています。

kubinekoze sumahosisei

2.の「目の酷使」は、スマホをよく見る、パソコン作業が多い、といった人は要注意です。
意外にもメガネ(またはコンタクト)の度が合っていないということもあります。そのような人は、専門家に調整してもらうことで、首のこりが楽になることがあります。

3.「ムチ打ちの後遺症」もよくみられます。頭痛やめまいを併発しやすいです。レントゲン上骨には異常が見つからなくても、レントゲンに映らない「軟部組織」と言われる靭帯や筋肉を損傷しています。その結果、首の筋肉の緊張状態が慢性化してしまうのです。

4.の「歯ぎしり、食いしばり」は、睡眠中のことが多く、自分ではわかりにくいものです。「家族から言われることがある」という人や、自分もそうかもしれない?と思う人は、一度歯医者さんで診てもらいましょう。奥歯がすり減っているので、すぐにわかります。場合によっては、マウスピースを作って対応する必要もあります。

5.の「ストレス」は、“借金で首が回らない”という言葉があるように、首にはダイレクトに影響します。とはいえ、簡単に無くならないのもストレス。(ははぁ、ストレスが首にきてるんだな)と捉えるだけでも楽になります。

首の筋肉のトリガーポイント

首にはいくつもの薄い筋肉が重なっています。ここに生じる強いこり(トリガーポイント)が、関連痛という痛みを飛ばします。代表的なものをご紹介しましょう。

※トリガーポイントについてはこちらもお読みください→「トリガーポイントについて」

頚板状筋

頚板状筋は、上位頚椎と第3~6胸椎を結ぶ筋肉で、首の伸展(反らす)、回旋(回す)、側屈(横曲げ)を行います。

関連痛領域は目の奥。トリガーポイントを押圧すると、「目の奥に響く感じ」が再現されます。右図の×印が押圧点、赤い部分が関連痛領域です。

keibanjoukin

後頭下筋群

後頭下筋群は、後頭骨と頚椎の境目に存在する細かい筋肉の集まりです。仰向けで下から押圧してもらうと気持ち良い部分です。パソコン作業などでの猫背姿勢や、目の酷使で、疲労が蓄積しやすい部分でもあります。

関連痛領域は、側頭部。猫背で首の後ろにしわが入る人は要注意です。

koutoukakingun

もりたカイロプラクティックのアプローチ

当院では、

  1. 上にあげた筋肉だけでなく、首・肩・背中など関連する筋肉をトリガーポイントセラピーという独自の手技によりほぐしていきます。
  2. 次に、頚椎・胸椎の関節を矯正することで、柔軟性をつけます。
  3. 自宅でできる、姿勢改善・首こり予防のための体操、ストレッチなどをご指導します。

※トリガーポイントセラピーについてもこちらをお読みください→「トリガーポイントについて」

体験者の方のお声

「自分の体ではないみたいに軽く」(H.I様、40代女性、首肩痛・腰痛)

hi様

私が森田カイロを知ったのは、通勤途中にあって、ネットを見て、電話したのがきっかけです。数年前から首の痛み、腰、肩が痛くて、いろいろな整体や整骨院へ通いましたが、全然良くならず、治るのはあきらめていました。

ですが、森田先生に治療をしてもらいはじめて、1回目からかなり体が楽になり、何回か通ううちに、あんなに重かった体が自分の体ではないみたいに軽くなりました。
今は1ヶ月に1度程度通うだけで元気に過ごしています。
私はフルタイムで働いて、部活動をしている中学生と高校生の子供がいて、なかなか時間に余裕がなく、通院したりするのがむずかしい状況の中、先生が時間外もいやな顔ひとつせずに笑顔で対応治療してくださいまして、本当に感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

我が家では、お母さんの体を元気にしてくれた先生を“神様の様な人”と絶賛しています!
私がちょっと疲れた顔をしていると、子供達が「森田先生のとこへ行ってきたら?」とすすめてくれます。
先生の人柄もよく、行くのがいつも楽しみです。(会話も楽しく元気になります!)
これからも先生もお体に気をつけて、元気で頑張っていただきたいと心より思っています。
これからもどうぞよろしくお願い致します ^-^

【院長よりひとこと】
H.Iさんは、車の運転でバックするときに後ろが向けない状態でした。当院の施術を受けて、「後ろが向けるようになったんです!」と嬉しそうに話してくださったのが印象的です。

「体験者様のお声」ページには、ほかにもたくさんの方の体験談がありますので、よろしかったらご覧ください。

「もうあきらめていたんです」とか「昔からだから治らないと思います」とおっしゃった方でも、改善されている実例がたくさんあります。
あきらめないでいただきたいと思います。
ご相談などは、下記よりお気軽のお寄せください。

 

ページトップに戻る

「症状別解説」に戻る>

telno

male2

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.