足底腱膜炎・足裏の痛み

足裏の痛みに対する施術についてご説明します。

どんな症状?

足裏の痛みでは、次のような訴えが多くあります。

足の裏が痛い、土踏まずが痛い、踵が痛い、朝の一歩目が痛い、動き始めが痛い、歩くときに痛い、ランニングすると痛いなど

病院では、「足底腱膜炎」(または足底筋膜炎)と診断されることが多いです。

原因は?

足の裏は、指の付け根から踵骨にかけて「足底腱膜」と呼ばれる強固な膜によって覆われています。この部分に炎症が起きて痛むのが「足底腱膜炎」です。

運動のしすぎ、体重の増加、足首や足の骨格の歪み、加齢などにより、足底腱膜に負担がかかり過ぎ、損傷を起こしてしまうのです。

マラソンブームで市民ランナーが増えている昨今、当院でも足底腱膜炎での来院数が増えています。また、ウォーキングでも、バランスの悪い歩き方をしていると、足の負担が増し痛みにつながります。

もうひとつ、大きな要因として考えられるのが「靴」で、靴が合っていない、間違った履き方をしている、といったケースも多く見受けられます。

足底腱膜炎

→ 靴については「靴の大切さについて」をご覧ください。

もりたカイロプラクティックのアプローチ

まずは体のバランス、歩き方、足首や足の歪み具合をチェックします。

そして硬くなった筋肉・筋膜を緩めます。足部だけでなく、スネやふくらはぎといった下腿部の緊張も影響していますので、それらの箇所を中心に時間をかけてほぐします。

踵の痛む方は腰に問題を抱えている場合も多くありますので、腰部への施術も大事です。

このように体のバランスを整えた後、

  • 自宅でできるストレッチ法やテーピング法
  • 正しい歩き方
  • 靴の選び方・履き方

などをご指導します。
このように、足底腱膜炎でもやるべきこと、できることは、たくさんあります。
症状の性質上、すぐに痛みが消えるというものではありませんが、上記をしっかり施すことで、早期回復を図ります。

※靴に関しては、病院などでインソールを作ることがよくありますが、当院では特にインソールを販売したりはしません。それよりもまず、サイズの合った靴を正しく履くことが大切と考えています。

 

「症状別解説」に戻る>

telno

male2

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.