肘が痛い

肘の痛み・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)についてご説明します

どんな症状?

肘の痛みでは、次のような訴えが多くあります。

肘が痛い、肘の外側(親指側)が痛い、手首を曲げると痛い、タオルを絞る動作で痛い、パソコン作業で疲れるなど

原因は?

肘の外側の痛みは、「テニス肘」と診断されることが多いです。専門的には、「上腕骨外側上顆炎」といいます。上腕骨外側上顆には、手首を反らせる「伸筋群」が多く停まっています。テニス肘は、この伸筋群の使い過ぎからくる痛みです。

上腕骨

手首を反らす伸筋群の代表選手を3つご紹介します。

  • 「尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)」
  • 「総指伸筋(そうししんきん)」
  • 「短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)」

手首の伸筋群

これらはいずれも、上腕骨外側上顆から始まって手の甲にまで伸びています。これらの筋肉が酷使されると、上腕骨外側上顆周辺に炎症が生じ痛みが出ます。これが「上腕骨外側上顆炎」、別名「テニス肘」です。

テニス肘はテニスを行なわない人でも発症します。特に近年多く見られる要因は、パソコン作業です。キーボードを入力するときやマウスを握ったときは、手首は軽く反ります(伸展位)。この状態が長時間持続することで、伸筋群に疲労が蓄積します。

PC手首の伸展

もりたカイロプラクティックのアプローチ

もりたカイロプラクティックでは、問題となっている筋肉や周辺の筋肉をほぐすことで改善を図ります。

  1. 手首の伸筋群を中心に、腕から肩・背中にかけての筋肉を、手技によりほぐしていきます。
  2. 自分でできるストレッチ法や押圧法をご指導します。

大切なのは、痛い箇所だけでなく、上半身全体をほぐしていくことです。肘や手首の痛みでも、首や背中をほぐすことで痛みが緩和することがよくあるのです。

ご質問等は、「お問合せ」ページから、もしくはお電話にてお寄せください。

(参考)

ページトップに戻る

「症状別解説」に戻る>

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.