腕や手のしびれ

腕や手・指のしびれは厄介な症状のひとつです。病院では頚椎の異常を調べるなどしますが、もりたカイロプラクティックでは、頚部(首)や肩背部の筋肉を重視した施術を行ないます。

腕や手のしびれを引き起こすトリガーポイント

“しびれ”もまた、“痛み”と同様にトリガーポイント(筋肉の硬結)から引き起こされます。
腕や手のしびれに関する代表的な筋肉とトリガーポイントをご紹介します。

斜角筋

斜角筋は頚椎と第1・2肋骨を結ぶ筋肉で、「前・中・後」の3つがあります。
位置は、首の前面やや横、鎖骨の上辺りです。
この筋肉の間を動脈や神経が通って腕に入っていくため、斜角筋が硬くなることで腕のしびれが起こりやすくなるのです。
これを「胸郭出口症候群」とか「斜角筋症候群」と呼びます。

斜角筋を押圧すると、しばしば腕のしびれが再現されます。

斜角筋

棘上筋

棘上筋は肩のインナーマッスルのひとつです。
肩甲骨棘上窩と上腕骨を結び、肩関節を支える働きをします。

棘上筋のトリガーポイントは、肩や腕に痛み・しびれを生じさせます。

棘上筋

 

棘下筋

棘下筋も肩のインナーマッスルのひとつです。
肩甲骨棘下窩と上腕骨を結んでいます。

棘下筋のトリガーポイントもまた、肩や腕に痛み・しびれを生じさせます。

棘下筋

もりたカイロプラクティックでのアプローチ

首・肩・腕には、これら以外にもたくさんの筋肉があり、それぞれがトリガーポイントを発生させ、しびれの原因となり得ます。

当院では、

  1. 首・肩・腕・背などしびれの原因となっている筋肉のトリガーポイントを手技により緩(ゆる)めていきます。
  2. 多くの場合、猫背姿勢を伴っているので、その改善も図ります。
  3. 自分でできるストレッチや体操、生活習慣上の注意点などを丁寧にアドバイスします。

たとえば、猫背姿勢の場合、呼吸が浅くなり、呼吸を補助する斜角筋の負担が大きくなっています。
ですから、斜角筋をほぐすだけでなく、猫背を改善していかなければ解決には至りません。
このように、症状のある箇所だけを見るのではなく、身体全体からアプローチするのが当院の特長です。

痛みと同様にしびれもまた身体からの警告サインです。
放っておかずに、きちんとメンテナンスを図りましょう。

お問い合わせなどは下記よりお気軽にお寄せください。

ページトップに戻る

telno

male2

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.