腰痛・ぎっくり腰

もりたカイロプラクティックにおいて、腰痛は肩こりと並んでよくある症状です。いわゆる「ぎっくり腰」も季節の変わり目などに増えます。病院で、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、脊柱管狭窄などの診断を受けた方もあれば、特に異常はないと言われた方もあります。ここでは、それらについてどう考えるか、どのような施術を行うかについて解説します。

腰痛の原因

ひとくちに「腰痛」といってもその分類や疾患名はさまざまです。大きく分けると、次のように分けることができます。

  1. 脊椎(背骨)や神経の異常によるもの
  2. 内臓疾患によるもの
  3. 腰部周辺の筋肉の異常によるもの

1.としては、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎分離・すべり症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄、骨折などが挙げられます。

2.は、大腸癌や胃・十二指腸潰瘍、膵臓炎、クローン病、子宮内膜症といった内臓疾患が腰痛を引き起こす場合です。

3.は、腰方形筋や多裂筋、脊柱起立筋といった腰周辺の筋肉が硬縮して痛みを発する、腰部の「筋筋膜性疼痛症候群」です。

1.と2.は病院での画像検査、血液検査等で判明し、上のようなはっきりとした診断名がつきます。問題は、3.です。

近年の調査によれば、画像や血液検査で異常が認められない腰痛が、実に全体の85%を占めているのです。これらは、あえてつける症状名として「腰痛症」と呼ばれます。この原因がよくわからないといわれている腰痛症こそ、3.の「筋・筋膜性疼痛症候群」による腰痛であり、したがって腰痛の大半が筋肉の異常によるものといえます。

「筋肉の異常による腰痛」とは

筋肉の緊張状態が続くと血流が悪くなり、「トリガーポイント」とよばれる硬結を形成して、痛みを発してきます。これが「筋筋膜性疼痛症候群」です。トリガーポイントは、その箇所だけでなく離れた場所にも痛みを飛ばす(関連痛)という特徴があります。例えば、腰の深部筋である腰方形筋のトリガーポイントが、殿部や鼠径部、さらには大腿部にまで痛みやしびれを生じさせる、といった具合です。

問題は、このトリガーポイントは画像診断ではわからないという点です。つまり、病院の検査では見落とされがちであり、たとえ筋肉の異常と診断されても湿布薬を処方される程度のことが多いようです。

筋肉が緊張して硬結を形成してしまう原因としては、姿勢の癖、特定作業、立ちっ放しや座りっ放しの仕事、スポーツによる筋肉疲労などがあげられますが、精神的ストレスも大きな要因となっていることが近年の研究でわかっています。

痛みのあるところに硬結あり

病院に行って調べてもらったが「特に異常はない」と言われたという経験はありませんか?この「異常なし」という診断は、あくまでも「画像診断上」であることが多い点に留意してください。つまり、骨レベルでは異常なしということであり、繰り返しますが、筋肉の異常まではわからないのです。結論からいえば、このような場合は「筋筋膜性疼痛症候群」による腰痛の可能性が高いといえます。

痛みがあるのに画像診断上問題がないということはよくあります。しかし、痛みがあって筋肉の硬結がないということはまずありません。これは腰痛に限らず、他の部位の痛みでも同じです。したがって、病院の画像診断で「異常なし」と言われた場合は、筋肉からアプローチするほうが改善する確率が高いのです。

手術は最後の手段

手術をすすめられるケースとしては、「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」といった診断が下された場合が多いかと思います。

椎間板ヘルニアについていえば、まず、椎間板の変性は加齢とともにある程度出てくるものです。ヘルニアがあれば必ず痛みが出るというわけではないことが、近年の研究でわかっています。つまり、無症状の人でも、調べてみるとヘルニアが認められる場合があるのです。さらには、ヘルニアには自然に縮小するものもあることがわかっています。したがって、最近では、お医者さんも早急な手術をすすめることが減っているようです。

画像診断上、重度のヘルニアがはっきりと認められ、かつ強度の坐骨神経痛が出現している場合ならともかく、そこまでのものでないならば、やはり筋肉の異常からくる腰痛である可能性があります。現に、ヘルニアの診断を受けて来られた方が、当院でトリガーポイントをほぐすと痛みが改善するという例がたくさんあるのです。

腰部脊柱管狭窄症についても、同様に、痛みが耐え難いほどに強くはなく、保存療法をすすめられるようならば、まずは筋肉の硬結をしっかりとほぐしてみることをおすすめします。手術はあくまでも最後の手段です。まずは筋肉にアプローチして、それから考えても遅くはありません。痛みが本当にヘルニアや狭窄のせいなのかどうかは、慎重に見極める必要があります。

もりたカイロプラクティックでできること

当院では、第一に、独自の「トリガーポイントセラピー」により、硬化した筋肉を時間をかけてほぐします。ほぐし方は、主として、施術者の指や肘などを使いながら押圧していく方法です。この技術が当院の一番の“売り”でもあります。

第二に、背骨を中心とする関節の緩和操作を行います。ボキボキと音が鳴る操作は、症状や年齢、本人の反応その他を慎重に見極めた上で、必要かつ安全であると判断した場合にのみ行うようにしています。ご高齢の方や、強度の痛みが出ている方の場合は無理に行なわず、別の方法で緩和を図ります。

第三に、自宅で行なっていただく体操法や生活上の注意点を丁寧にご指導いたします。

この三点をしっかりと提供することで、喜んでいただける結果が出るものと考えています。

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰のほとんどは、腰部の靭帯、筋膜、筋肉などといった軟部組織の損傷です。強度の痛みがあり、腰が砕けたような感じで力が入らず、ひどい場合には立つのも難しくなります。しかし、けっして骨がずれたり、外れたりしたものではありませんので、怖がる必要はありません。いわば、「すり傷」のようなものですから、時間が経てば治ります。ぎっくり腰になってそのまま一生立てなかったという話は聞いたことがないでしょう。

発生時の状況も、重い物を持って突然痛める場合もあれば、洗顔中やくしゃみをしたときに痛くなったなどのように、些細な動作で起きる場合もあります。また、初めから激痛で始まる場合もあれば、一日や二日かけて徐々に痛みが強くなる場合もあります。

私は、立つこともできないほどの強い痛みの場合は、無理して来院せず、自宅で横になっておくように申し上げています。タクシーなどで無理して来られる方が時折ありますが、それよりも寝ておいた方が良いと思います。

椅子に座ることはできるだけ避けてください。椅子に座る姿勢は、立っているときよりも、腰の負担が増すからです。なんとか立てる程度ならば、逆に、来ていただいて必要な施術を施すことで回復が早まります。

ぎっくり腰は、軟部組織の損傷ですから、その傷をすぐに治すことはできません。しかし、痛みによって周囲の筋肉が緊張してしまうと回復が遅くなってしまいます。これを防ぐことが大切です。血流の悪化をくい止め、組織の回復を図り、コルセット等で一定期間腰を支えることが有効です。

もりたカイロプラクティックでは、無理のない施術で筋肉の緩和を図り、必要な場合にはテーピングによる固定やコルセットの貸し出しを行なっています。症状の度合にもよりますが、一度の施術でずいぶん楽になるケースも多くあります。尚、高齢者の方で強度の痛みがある場合は、骨折などの可能性もあるので、まずは病院で検査を受けてくださるようお願いいたします。

最後に

腰痛は、日本人の自覚症状として常に1~2位に位置するほど多くの人が経験しており、その割合は実に80%にまでなると言われます。ひどい場合には、社会生活に支障をきたすほどにまでなりかねません。このような中、多くの人が「自分は腰痛持ちだから」とあきらめてしまっているのは残念なことです。たしかに腰痛は、筋肉や骨だけの問題ではなく、精神的ストレスなども強く関与していることがわかってきており、それに対するアプローチも複雑化し、多様性を求められてきています。

しかし、あきらめないでいただきたいと思います。もりたカイロプラクティックでは、お一人お一人の状況に応じて、最適の施術をご提供できるよう最善を尽くしたいと考えております。皆様にご利用いただき、喜んでいただけるならば、いち治療家として望外の喜びです。

(参考)

→トリガーポイントについて

このページのトップに戻る

「症状別解説」に戻る>

(その他関連記事)

 

telno

male2

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.