トリガーポイントセラピーについて

トリガーポイントとは、簡単にいうと、痛みを引き起こしている「筋肉のこり」のことです。
大きさは米粒大からうずらの卵大まであるといわれます。

「関連痛」とよばれる“離れた場所の痛み“を生じさせるのが特徴です。
英語では「trigger point」つまり「引き金点」で、痛みを引き起こす箇所ということです。

代表的な関連痛・その1「坐骨神経痛」

たとえば、お尻の筋肉である中殿筋小殿筋を見てみましょう。
(中殿筋は小殿筋の上を覆っています)

【中殿筋と関連痛】

【中殿筋と関連痛】

【小殿筋と関連痛】

【小殿筋と関連痛】

バツ印がトリガーポイントで、赤い部分が関連痛領域です。
殿部だけでなく、大腿から下腿にかけても痛みが生じています。

上図のような人が病院に行った場合、かなりの確率で「坐骨神経痛」と言われるでしょう。
腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因とされるかもしれません。
しかしトリガーポイントからの関連痛という可能性もあるのです。

代表的な関連痛・その2「緊張型頭痛」

もうひとつ、首の「頚板状筋」という筋肉を見てみます。

【頚板状筋と関連痛】

【頚板状筋と関連痛】

ご覧のとおり、この筋肉のトリガーポイントから生じるのは目の奥の痛みです。
当然ながら眼科で診てもらっても、特に異常は見つかりません。

筋肉の緊張から生じる頭痛を「緊張型頭痛」といいますが、これこそトリガーポイントから生じる関連痛そのものです。

もりたカイロプラクティックのトリガーポイントセラピーとは

もりたカイロプラクティックの施術では、こり固まったトリガーポイントを時間をかけてほぐします。押圧、ストレッチ、関節モビリゼーションいった手法を用いて、筋肉と関節の柔軟性を回復していきます。

機械には頼らず、すべて手技により行います。日によって微妙に異なる身体の状態にきちんと対応するのに「人の手」にまさるものはないと考えるからです。

慢性化したトリガーポイントほど、押されたときに痛みを感じますが、痛いというより「イタ気持ちいい」感覚です。

症状の原因となっているトリガーポイントを的確に見つけ、的確な圧を加えていく、この技術に一番自信を持っています。

【中殿筋を押圧】

【中殿筋への押圧】

【肩甲骨横の菱形筋を押圧】

【肩甲骨横の菱形筋への押圧】

→ 具体的な施術の流れや考え方については「施術の特長と流れ」をご覧ください。

体験者の皆様からのお声

当院の施術を受けられた方からお寄せいただいた体験談の中から、一部ご紹介します。

「数回の施術で痛みは治まりました。」(O.T様、40代男性、腹部痛・腰痛)

OT様

2年ほど前に、突然、右側の背中と下腹部に鈍痛を発し、歩くことも寝ることも難しくなった時があり、内科に行っても異常なしと言われ、筋肉痛を疑って近所の「もりたカイロプラクティック」に行ってみました。

森田先生は、腰の筋肉痛がひどいとお腹の筋肉も痛くなることを絵や模型を使って説明してくださり、数回の施術で痛みは治まりました。その後も2~3週間に1度のペースで通院していますが、疲れたときに体のあちこちが痛くなることがなくなり、体調を崩すことも少なくなったと感じています。

朝起きた時に行うストレッチや、正しい歩き方を教えてもらい、それを実践していることも、体の痛みの軽減につながっているのだと思います。健康維持のために日頃の体の手入れが大切になる年齢になってきており、定期的に通って気になるところを見ていただくことは、体調を保つこととともに、安心にもつながっています。

先生はとても気さくな方です。家が近いことや、大学が同じだったこと、年齢が近いこともあり、世間話や昔話をしながら施術を受けることは、私にとって貴重な癒しの時間になっています。

「足のつりもなくなってきました」(A.T様、40代女性、足がつる)

at様

森田先生にお世話になって2年が過ぎました。
私は昔から足(ふくらはぎ)がよくつっていました。肩こりもひどく、肩が石のようになっていました。“カイロプラクティック”には以前から行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行動が伴わずにいたところ、夫がまず通いはじめて、私もお願いすることにしました。

とにかく“痛気持ちいい”これがたまらないですね。自分の身体のどこが疲れているのか、よくわかります。足のつりもなくなってきました。

また、先生にいろいろ“ぐち”を聞いて頂くのも心身ともにすっきりしていいですね。

「施術の違いはすぐ分かりました」(K.S様、50代男性、首肩痛・腰痛)

KS様

(一部抜粋)
「試しに・・・」と受けたもりた先生の施術の違いはすぐ分かりました。
それは「トリガーポイント」
私が今まで受けてきた多くの施術は痛いところ(乳酸がたまって固くなっている)に対して
直接「もみ・ほぐし・押し・こすり」などして乳酸を押し出し痛みを和らげる。
しかし既に十分痛い所を施術とは言え押さえもみたおすわけですから、
さらに痛む事も少なくない。
「うう~、痛い・・・」「がまんがまん、これで楽になるのだから」と
(我慢しながら)受けていました。

「トリガーポイント」は(私の解釈では)乳酸を拡散させるための道を作る。
例えば肩が痛くともその周辺、あるいは乳酸の流れるラインに沿って施術するので、
全く痛みはなく心地良い。されている間、眠たくなるほど。
(もっとも、施術中の先生のおもろいお話でそれは考えられませんが・・・)
おかげでこの歳になってもパフォーマンスを上げていこうという意欲を維持しています。

→ ほかにもたくさんの方が体験談をお寄せくださっています。「体験者の声」

telno

male2

Copyright(c) 2012 moritachiropractic.com All Rights Reserved.